本文へスキップ

2019年度サマージャンボ宝くじは発売初日と一粒万倍日と寅の日と大安で縦バラ・特バラ・特連・縦特バラ・3連バラ・福連・福バラの宝くじ購入方法で高額当選に挑戦!

開運★当り隊

サマージャンボ宝くじ購入祈願代行サービス

西銀座チャンスセンターサマージャンボ宝くじ購入代行サービスで億万長者を目指します。

日本一の高額当選続出売場として有名な、西銀座チャンスセンターから誕生した平成の億万長者は2019年6月の時点で489人800億円も出ています!
2014年は14億円、2015年は37億円、2016年は19億円という当選金額を出しています。
2017年はサマージャンボ1等7億円が2本と、ジャンボミニ1等1億円と、ハロウィンジャンボ1億円と、ロト6で2億7000万円と、年末ジャンボ宝くじ1等10億円で、一年間に28億円も当選金額が出ました。
2018年度では、バレンタインジャンボ宝くじ出1等3億円と、ドリームジャンボ宝くじ1等5億円と、サマージャンボ宝くじ1等7億円、ハロウィンジャンボ宝くじ1等5億円が出ているので、まさに日本一の高額当選続出絶好調スーパー開運宝くじ売場ですね。
2019年度はドリームジャンボ宝くじで1等5億円が飛び出しました!
奇跡の売場としての始まりは、1992年頃に一番窓口でジャンボ宝くじを購入した人が見事に1等大当たりを出し、西銀座チャンスセンターの大当たり伝説が始まりました。
この時期までは、お客さんは自分で購入窓口を選べなかったそうです。
テレビ番組にも紹介されて一番窓口は爆発的人気になり、評判が評判を呼び連日の大行列状態となりました。今では一番窓口へは億の細道という通路を通りたどり着けます。
年末ジャンボ宝くじ発売期間中の大安や天赦日や一粒万倍日などの吉日には、2時間から4時間待ちの行列が出来て、寒い中大勢のお客さんが頑張って並んでいます。
年末ジャンボ宝くじでは、天赦日と一粒万倍日が重なった日には有楽町阪急をこえて、有楽町駅まで行列が繋がってしまいました。
この時は連日のように、売場の前の広場も何百人いるかも分からない位のお客さんで埋め尽くされて、全ての窓口が満員御礼大入り状態で窓口にたどり着くのも一苦労という状態でした。
幸運の女神さんのカウントダウン平成の億万長者は472人733億円と描かれた看板
西銀座チャンスセンターの奇跡の50年の歴史としては、
昭和35年に日劇前に宝くじチャンスセンターとしてオープンしました。
昭和56年に西銀座デパートチャンスセンターとして現在の場所でオープンしました。
平成21年にデパートの文字が抜けて西銀座チャンスセンターと名称を変更です。
平成22年に宝くじ売場を改装してリニューアルオープンしました。
平成28年に売場の前の広場が整備工事されて広々と綺麗になりました。
という開運宝くじ売場としての年月を刻んで来ました。
オープニングイベントのサンバカーニバルオープニングイベントのチアリーディング
ジャンボ宝くじの発売初日には、雨が降らなければ毎回オープニングイベントが売場の前の広場で8:00から始まります。最近はチャンスセンターのキャラクター着ぐるみも登場します。
和太鼓・沖縄舞踊・阿波踊り・よさこい踊り・フラダンス・チアリーディング・サンバカーニバルなどの派手なパフォーマンスを披露してくれます。
この後8:25頃に幸運の女神さんが登場して、ジャンボ宝くじのご案内、カウントダウンと行って8:30から宝くじの発売開始となります。
宝くじ発売開始と同時に多くのお客さんやマスコミ各社が窓口に殺到して、怒涛の一日の始まりとなります。あちこちで宝くじを買ったお客さんがインタビューされています。
8:40位からはジャンボ宝くじのCMに出てくるタレントさんやお笑い芸人など色んな芸能人が登場してトークショーで盛り上がります。
テレビ番組各局や新聞・雑誌・週刊誌などのメディアで、西銀座チャンスセンターの発売初日の模様が日本全国に配信されるので皆さんも見たことがありますよね。
ジャンボ宝くじが発売されると日本全国3週間〜4週間のお祭りが続くようです。
営業時間:平日は9:00から20:00(ジャンボ期間中は変更有)
住所:東京都中央区銀座4-1数寄屋橋の交差点角

西銀座チャンスセンターへの行き方はコチラ

前回のドリームジャンボ宝くじ購入代行サービス

幸運の女神さんのドリームジャンボ宝くじの概要説明西銀座チャンスセンターの1番窓口でドリームジャンボ宝くじを買いました

4月1日ドリームジャンボ宝くじの発売初日に西銀座チャンスセンターにやって来ました。
幸運の女神さんの上手な概要説明で宝くじの発売開始となります。
発売初日では1番窓口で3000枚のドリームジャンボ宝くじ購入代行サービスとなりました。

天赦日のノボリの奥には混雑している西銀座チャンスセンター売場の前で今日買ったドリームジャンボ宝くじをバックに詰めて記念撮影

4月11日天赦日で寅の日という吉日で絶好の購入日和となった西銀座チャンスセンター。
時刻はお昼過ぎという事で、売場は大勢の宝くじファンで非常に賑わっております。
本日は5000枚のドリームジャンボ宝くじ購入代行サービスとなりました。

一粒万倍日のノボリの奥には1番窓口の長い行列売場の前で今日買ったドリームジャンボ宝くじをバックに詰めて記念撮影

4月21日ドリームジャンボ宝くじ発売期間中最後の一粒万倍日に西銀座チャンスセンターにやって来ました。
時刻は8時半ですが、西銀座名物の1番窓口の行列は50人程でしょうかね。
一粒万倍日では4000枚のドリームジャンボ宝くじ購入代行サービスとなりました。